金持ちは寄付をする

お金持ちは皆、寄付をしているという話があります。

そして、彼らはお金持ちになる前から寄付をしているのです。

 

お金があろうとなかろうと、例えば常に余剰資金の10%を寄付しています。

寄付とはつまり、「先に与える」ということですが、先に与えた結果として、自分が儲かっていく。
良いお金の循環の中に入れるのです。

 

お金の循環の中で散財は最悪です。
意味のない浪費は、お金に嫌われます。

最高なのは貢献するのです。
「宇宙の法則」が働き、貢献が何倍にもなって帰ってきます。

 

お金には「思念のようなもの」があるのではないか、と私は思っています。
人が皆、お金に対して強く思い、感情や欲望を持つことで、お金自身にも思念が生まれているような気がするのです。

 

お金は「お金の好きな人」の所に集まります。
そして、貢献する人にはもっと集まります。