中流階級とリッチ層を分ける違いその2

続きです。

前回の記事はコチラ

中流階級とリッチ層を分ける違いその1

6. 中流階級はモノを所有しているが、リッチ層はお金を所有しています。

中流層は、とにかくモノを買うことにお金を費やします。
リッチ層は、本当に富を蓄えたいのならモノよりお金だと知っています。

例えば、世界屈指のリッチな有名人ウォーレン・バフェット氏は、1958年に購入した家に未だに住んでおり、なんと彼は3万1500ドルしか払っていません。

モノを買い続けるのをやめ、蓄え、投資すること始めましょう。
資産や財産となるものを購入し、投資に対する関心を高め、ブランド物の洋服や装飾品ではなく、運用先やビジネスを探しましょう。

 

7. 中流階級は蓄えること、リッチ層は稼ぐことに集中します。

貯蓄は大切です。
投資はさらに重要だといえます。

しかし「稼ぐ」ことはそれらの基礎となります。
蓄え投資すると同時に、究極の目標は稼ぐことです。

リッチ層はこれを理解しており、稼ぐ方法を見付け、その方法でさらに稼ぐ方法を探します。
リッチになりたいのならば、蓄えるための能力ではなく、稼ぐための能力を高めましょう。

 

8. 中流階級はお金に対して感情的だが、リッチ層は合理的です。

スティーブ・シーボルド氏が、世界の1,200人以上の富裕層にインタビューしてまとめた本「金持ちになる男、貧乏になる男」で、中流階級とリッチ層には、お金に対する考え方に100以上の違いがあるといいます。

中流層はお金に対する考え方の根底に「感情」があり、リッチ層は「論理的思考」があります。
お金に関する決断を感情にまかせていては、財政は破綻します。

感情は危険なビジネス取引を生みます。
感情は捨て、論理的思考を持つようにしましょう。

 

9. 中流階級は自己の可能性を低く見積もり、リッチ層はゴールを非常に高く設定します。

ゴールを設定の仕方が中流層とリッチ層で異なります。

中流層は安全圏に落ち着くが、リッチ層は不可能に思える大きな目標を掲げます。

しかし彼らはそれが実現可能だと知っています。
彼らのマインドセットがそのようにさせます。

ゴールを掲げるなら、高く設定しましょう。
自分にはもっとできると言い聞かせ、自らを鼓舞しましょう。

 

10. 中流階級はハードワークが全てで、リッチ層はレバレッジの力を利用します。

ハードワークは必要です
トップに上り詰めたいなら努力はしなければなりません。

しかしそれだけでは真のリッチにはなれません。

あなた以外のレバレッジ(影響力や効力)を利用し、その方法を維持しなければなりません。
その効果はアウトソーシングから投資まで、いろいろな方法で役に立ちます。

その勢いをより取り込むことで時間の制限から解放され、人生やビジネスの最も大事なことに取り組めることになります。

 

中流層とリッチ層の違いにはシンプルでささいなこともあれば、非常に大きな相違点もあります。
リッチ層の仲間になりたいなら、彼らの思考方法に習うのは必須です。