子供達の世代にこうなっているでしょう

単純作業を伴う仕事は、ITとロボットに取って変わるでしょう。

雇用の概念が曖昧になり、雇われることの意義が薄れるでしょう。

同じ会社にいる同僚でも、情報量により資産とキャッシュフローに格差が生まれることでしょう。

 

もしかしたら、運転免許証を取るより、起業を先にする若手が増えることでしょう。

時給、月収、年収という時間の尺度の中で生きているより、影響力のあるインフルエンサーになることを選ぶニューリッチが増えることでしょう。

お手伝いさんを雇う方が日本国内で増えることでしょう。

 

地球内での移動が安く早くなり、定住先を持たない人が増えることでしょう。

翻訳機能が進んでも、やはりコミュニケーションの中心は英語と中国語でしょう。

 

通貨の概念が変わり、仮想通貨が台頭するでしょう。

相変わらず利回り20%くらいのファンド、利回り10%くらいの不動産、そして富裕層だけのプライベートエクイティ投資はなくならないでしょう。

 

世の中では新しい産業が生まれ、ニューリッチはどんどん現れるでしょう。

しかしやはり大半の方は、私たちの世代と変わらず、変化を恐れ、保守的な選択をするでしょう。

だからリッチ層は今までよりも少なく、そしてもっとリッチになるでしょう。

 

結局、どの世の中でも自在人になっている方は、時代を四半世紀先読みして、仮説をたて、行動しているだけなのかもしれません。