アメリカ人旅行者と地元の漁師の会話

メキシコのとある田舎町。

MBAを取得しているアメリカ人旅行者と、地元の漁師が会話をしている。

(MBA)「それ、すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの?」

(漁師)「そんなに長い時間じゃないよ」

(MBA)「もっと漁をしていたら、もっとたくさん魚が獲れたんだろうね。惜しいな〜」

(漁師)「でも、自分の家族が食べるには、これで十分だよ」

(MBA)「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするのさ?」

(漁師)「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。」

「戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタして。
夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって・・・
これでもう一日終わりだね」

すると旅行者は、急に真剣な顔になり、漁師にこう提案した。

(MBA)「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、君にアドバイスしよう。」

「君は毎日もっと長い時間漁をするべきだ。
それであまった魚は売る。」

「お金が貯まったら大きな漁船を買うといいだろう。
漁獲高は上がり、儲けも増える。」

「そして、儲けたお金で漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。
やがて大漁船団ができるまでね。」

「そうなったら、仲介人に魚を売るのはやめだ。
自前の水産品加工工場を建てて、そこから魚を世界中に輸出するんだ。」

「その頃には、君はこのちっぽけな村を出て、メキシコシティに引っ越しているだろうね。
ロサンゼルスやニューヨークで家を持つことだって可能だ。」

「君は、マンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるといいよ」

漁師は尋ねた。

(漁師)「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」

(MBA)「20年、いやおそらく25年もあれば、そこまでいくね」

(漁師)「なるほど。それからどうなるんだ?」

(MBA)「それから? そのときは本当にすごいことになるよ。
今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ!
そうなれば、もう働く必要はないよ」

「それで?」

(MBA)「引退したら、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまでゆっくり寝て、 日中は釣りをしたり、子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって過ごすんだ。」

「どうだい? すばらしいだろう!!」

 

適正な資産と、そこから入る配当があればいいんです。
幸せはお金だけではないのだから。

漁師は自在人の極意を知っているのかもですね。