何かをするのに遅すぎることはありません

何かをするのに遅すぎることはありません。

そう、何歳からでも自在人を目指せばよいのです。

—–

経済誌「Forbes」による世界のトップ100企業(継承されているものや政府関連は除く)の創業者の成功と年齢の関係を調べると、世界のトップ企業を開始するための最も一般的な年齢は30代後半~40歳ころの中年期だという意外な結果がわかった。

人生の折り返し地点に立ち、様々な課題や悩みを抱える時期だけに、起業に至ることが多いのだろう。
またその経験値の高さから成功に向かう可能性が高いのだと思われる。

中年期を過ぎた人でも、その人の経験の積み重ね次第ではまだまだチャレンジすることができる!

—–

人にはそれぞれ適齢期があります。
そして良質な情報が入ってきたとき、それを活かそうとチャレンジを始めたとき、それがあなたの自在人への適齢期です。

そして一人だと不安になるけど、仲間がいれば大丈夫です。