日本人はお金を活かさない?

世界的に見ると、日本人は本当にお金を活かしていません。

 

日本人の資産構成は「現金・預貯金」が約50%を占めています。

債券や投資信託、株式等の金融商品は20%程度にしか過ぎません。

 

米国人は、債券や投資信託、株式等が約52%です。

現金・預貯金は12.9%と日本と全く逆の資産構成となっています。

 

また日本人は投資もしませんが寄付もしません。

投資同様、日米で個人の年間寄付額を比べるとアメリカは成人1人あたり約130,000円に対して、日本は2500円です。

なんと日米で52倍の差があります。

 

アメリカは寄付文化が根付いているという理由もありますが、日本人はとにかくお金を活かしていません。

投資も寄付もしなければ、貯蓄ばかりしているんです。

 

ちなみに、日本人は東日本大震災の時でさえ、1人あたりの寄付額は約6500円でした。

歴史的な危機に日本が直面した時でも、優先させるのは貯蓄なんです。

 

お金は活かされると喜びます。

借金のある方以外は、寄付を積極的にしましょう。

 

そして是非ともお金の活かし方を学びましょう。

キーワードはゴイシの法則です。