1日1時間の読書で自在人になろう

是非とも読書を習慣として身につけましょう。

でも読書で一番大切なのはどうなりたいのかを考えながら読むことです。

 

私のメンターがいつも言っていました。

経済的な自由を手に入れたければ、読書をするとよい。

しかし読書の習慣があるからといっても、それは手に入らない。

 

大切なことが2つある。

1つ目は、どうやったら経済的な自由を手に入れるかを念頭において、本を選ぶこと。

2つ目は、たまにメンターに会い、フィードバックを受けること。

 

読書がなぜ必要なのか?
それは脳の理解のフィルターをバージョンアップさせていく作業だからです。

いつも同じ分野の本を、メンターのフィードバックなしに読んでもフィルターはバージョンアップしません。

啓発本や偉い方の自叙伝ばかり読んでいる方がいますが、それはただやる気にスイッチを入れるだけで、パラダイムシフトは起こりづらいのです。

 

是非とも、自在人になるための読書の習慣と、自在人塾のような自在人が集まる場の懇親会などで質問をすることをしてみてくださいね。

2016年、脳のフィルターが変われば、未来が大きく変わります。