仲間こそ大切

世の中の人々が、人生を自在に過ごしたいと思っているのは、実は仲間関係を自在にしたいからだと思います。

私はお金や時間の自在より、仲間の自在が一番大切だと日々感じています。

仲間とは、自分の近しい人の中で大切にしたい人々のことを指します。
そして仲間として一番意識をして大切にして欲しいのが両親や家族です。

仲間を大事にしている方の多くが両親や家族に感謝をし、大切にしています。

 

私は30代のころ両親や家族には、金銭的なことを発端に大変迷惑をかけてきました。
そんな私も2児の父親になり、わかったことがあります。

それは子供達が、私たち夫婦の子供として生まれてきてくれたことへの感謝の気持ちです。

 

最近、海外に移住し親と話す機会が減りましたが、いつも電話で話をした後に伝えるのが、以下のニュアンスの言葉です。

『俺は本当に親に恵まれた。ありがとう。』

お互いちょっぴり恥ずかしいですが、両親は喜んでくれます。

 

人生を自在に生きたかったら、仲間が一番大切です。
そして仲間が大切なら、一番身近な人を幸せにするために努力するか、感謝の言葉を伝えることだと思います。

まずは身近な方を幸せにする、そんなところから始めてみてください。
それが仲間を自在にということに繋がりますよ。