一生を通じて私たちを健康で幸福にしてくれるものとは?

一生を通じて私たちを健康で幸福にしてくれるものとはなんでしょうか?

 

このテーマについて、ハーバード大学が研究をした結果をロバート・ウォールディンガー氏が公表しました。

この研究はハーバード大学成人発達研究と言われるもので、なんと75年間にわたって724人の男性を追跡調査したものです。

 

75年前にハーバード大学の2年生だった生徒とボストンの貧しい家庭に生まれた人の2グループについて、仕事、家庭生活、健康などを1年おきに徹底調査して記録し続けたというものです。

人類史上、もっとも長期間にわたって調査したものになります。

健康で幸福な人生を送った人の共通点は一体何かということなのですが、それは富でも名声でもなく、良い人間関係に尽きるということです。

 

良い人間関係というのは、家族、友達、コミュニティと良質な関係で、この状態にある人は幸せな人生を送り、なおかつ身体と脳が守られている状態にあったとのことです。

一方、健康に気を使って生きていても孤独な人というのは、健康の衰えが速く、脳機能の減退が速く始まることがわかりました。

また老後に関しては、退職後に仕事以外の友達を作れた人は、より健康で幸せに暮らせていたとのことです。

 

もしあなたが、健康で幸せな人生を送るために、仕事を頑張って、名声を得るための活動をして、トレーニングに気を使っているのであれば、それ以上に人間関係を大切にすることをお勧めします。

なぜなら健康で幸せな人生を送るためには、良い人間関係の構築を第一に考えたほうがいいですね。

 

それをベースに、お金、時間、空間も自在にコントロールできたら完璧です。

つまり自在人が一番バランスが良いのではと思います。