富裕層は増えている

英不動産コンサルティング会社、ナイトフランクのウェルスレポート2018年版によれば、50億円以上の金融資産を持つ世界の超富裕層は2017年の1年で10%も増えています。

 

そして2018-2022年には、全世界で50%ほどの急激な増加が見込まれるそうです。
とりわけ中国本土は今後も勢いは止まらず、2022年までの5年間で超富裕層は現在の2倍以上になると見込まれています。

現在、日本には50億円以上の金融資産を持つ超富裕層は、10,000人に一人、5億円以上の金融資産を持つ富裕層は、500人に一人がいると言われています。

 

私たちの自在人仲間を見渡してみると、平均の数字よりも多いような気がします。
やはり意識の高い方が集まっているからなのかなと思います。

この数字で大切なことは、金額の大小ではなく、2018年からの5年は、資産を増やすのに適している期間だということを認識することです。
この期間に、お金に働いてもらわないのはもったいないです。

5年間で給料を50%増やすのは難しいです。
でも、もし自在人になるべく、良いお金持ちの輪に入っていけば、可能になるかもしれないタイミングなのです。

流れを掴みましょう。