無理をする

人生を自在にクリエイトする。

そのためには【無理をする】ことも大切です。
無理をするということは、リスクをとり、人がやらないことを、人よりも真剣に行うということだからです。

最近、日本ではやたらに無理をさせないという風潮があると思います。
特に子供の教育の現場では、それが顕著なのではないでしょうか?

最近の企業の現場でも、そうかもしれません。

 

では無理をしないとどうなるか?
それはいつも自分が設定した目標(壁)に言い訳をする状態を作ってしまいます。

それにより、『無理をしないことが一番』という既成概念や価値観を形成して、より縮こまった小さい考え方を持つようになります。
周りが無理をさせなくても、自分では無理をするべきです。

そしてその無理が、限界を突破し、自分を大きな世界に連れて行ってくれるのだと自覚するのです。
環境に依存されず、自らを奮い立たせて、無理の領域に飛び込んだ人しか、ご褒美はやってきません。

 

いつまでもチャレンジャーは美しいです。
だから自分もチャレンジャーで居続けます。

仲間もチャンレンジャーを目指して欲しいです。
そうすれば人生は皆さんがクリエイトできます。