守らない

昨年、納得のいく結果を出した人も、納得のいかない結果で終わった人もいるかと思います。

では今年、更に一段上の結果にするにはどうしたらよいでしょうか?

それなら【守りに回らない】ことです。

 

結果が出ているとき

人は結果が順調に出始めると、守りに回る傾向があります。
守りに回る戦略は、スポーツのように終了時間が明確になっているなら有効なこともあります。

しかしながら、人生では終了時間つまり寿命を終える日時は、先が長くて明確にすることは不可能です。
だから守った瞬間に必ず不安を覚えます。

その不安が、守りの戦略をさらに乱し、悪循環に陥ります。
私も数年前にそのような状況に陥り、結果の伸びが鈍化した経験があります。

 

結果が出ていないとき

結果が順調に出ていないときは、守りは最悪の戦略です。
結果が出ていないということは、リスクをとっていないからです。

リスクをとっていない人に、結果は付いてきません。
それなのに、さらに守れば、どんどん衰退していくだけです。

 

メンターからは、攻めが最大の防御であることを教わりました。
攻めれば、たまには大きなマイナスを受けることがあります。

しかし覆水盆に返らずです。
悩んでいても仕方ありません。

結果の出ている先輩にアドバイスをもらい、攻めの方向性を確認して、攻めましょう。

 

人生は攻め続けることが大事です。
その方が後悔のない人生になるはずです。

私はこれからも相変わらず、攻めますよ。
着いてきてくださいね。