ご褒美思考

自在人を目標に頑張っているけど、どうしても毎日の目標達成の行動にムラが出てしまう方は、ご褒美を用意しましょう。

 

私は朝起きたら、必ずやることがあります。

それは『自在人になるための行動計画』です。

 

自在人になるために重要な行動を書き出して、その中で重要な上位20%を選び出して優先順位をつけます。

そして1番重要な行動には80点、2番目には16点、3番目以降には1点という傾斜配点方式で、毎日満点を狙って行動しています。

 

その時に大切なのは、達成した時のご褒美を用意しておくことです。

私は96点を合格ラインとして、達成したらご褒美に、夕食のときにお酒を飲むことにしています。

真塩はお酒は毎日飲んでるじゃないか!と指摘を受けるかと思いますが、実は毎日、目標を達成しているから毎日お酒が飲めるのです。
最初のころはサボり癖があって、達成できなかった日はお酒は飲めませんでした。

 

これはペナルティーではありません。
ご褒美がもらえなかったのです。

 

ペナルティーと考えるか、ご褒美と考えるかで、モチベーションは変わってきます。

今日は達成しなかったからペナルティーにお酒抜きと考えるのではなく、今日はできなかったけど明日はお酒が飲みたいから目標を達成すると考えるのです。

ちょっとした考え方の違いです。

 

ちなみに朝も、いつものルーチンが終わったらコーヒーを飲みますが、これもご褒美です。

ルーチンが終わるまでコーヒーは一口も飲みません。
ご褒美ですから。

 

この【ご褒美思考】が身につくと、目標必達の日々が続き、目標達成が必然になってきます。

そうなってくると自在人になれるという自信に満ち溢れてきて、自在人の人生を引き寄せます。

今日から是非、ご褒美思考を活用して、自在人への行動計画をたてて、毎日目標を達成していきましょう。